ハイオーナーの需要

複数の車

日産ハイオーナーカー人気

日産自動車が過去に生産していたハイオーナーカーであるプレジデントは、1965年に初代モデルから2010年の販売終了時まで、過去4代のモデルを生産しており、発売当時日産自動車の高級車フラッグシップであったセドリックの大型モデルとしてハイオーナー専用車の名目でつくられました。4代目モデルでセドリックから派生したフーガやシーマとコンポーネントを同一として、一部変更がされましたが、現在は事実上のモデル廃止となり、シーマが最高級車となりました。近年、中古市場での人気は小型モデルに集まり、大排気量の中古車の人気が低迷しています。プレジデントの場合、意外にもクラッシックカーの人気が高く、マニアには初代150モデルや2代目250モデルのプレジデントで程度良好な中古車でレストア済みのものに希少価値を評価されています。

ファンを魅了するポイント

日産は現在までの経営側面で激動の背景があり、プリンス自動車を吸収し、過去にシルビア、レパード、スカイライン、グロリアなど数々の名車を世に出し、プレジデントもそのうちの一つです。モータースポーツにも力を入れたことから、技術と走りの日産を構築しました。バブル崩壊後、大型モデルで不人気車を続出させたことが経営危機を迎えるきっかけとなりましたが、現在ではルノーの傘下として経営は回復しました。過去の栄光として日産の強みである大型高級車がヴィンテージカーとして人気が高まり、旧車ファンに日産の最高級車プレジデントがプレミアムカーとして人気が高くなっています。国内ではすでに残存台数が少ない初代150型は程度良好でオーバーホール済みの車であればかなりの高額で取引され、2代目250型もエンジンや塗装の状態が良いものは高値で取引されています。通常の中古車市場とは異なり、希少価値を求める旧車ファンによる市場で高い評価を受けています。