電卓と車

人気のある車種

軽自動車は、維持費が安い・小回りがきくので運転しやすい・デザイン性や安全性に優れているなどといった理由から、人気があり売却価格の高いものとなっています。今後さらに、人気は安定したものとなり、買取市場も安定したものになると予想されます。

車を処分する費用

沢山の自動車

廃車とは、その車を公道で乗れなくする手続きのことです。一時抹消登録と永久抹消登録という違いがあり、一時抹消登録では一時抹消登録の取り消しの手続きをすれば再び公道を走らせることができます。しばらくその車に乗らないことが確実な場合は、自動車税の節約のためにも廃車の手続きをしておくべきでしょう。廃車のときかかる料金は、解体業者への持ち込みにかかる費用、リサイクル料金、解体費用、陸運局での抹消手続きにかかる費用を足したものです。解体業者への持ち込み費用は、自分で持ち込めば無料ですが引き取りを依頼すれば料金がかかります。抹消手続きも、自分で行えば無料ですが行政書士などに依頼すると料金がかかります。解体費用についてはピンキリですが、まれに鉄くず代として逆にお金をもらえる場合もありプラスになることもあります。

廃車のタイミングによっては、自動車税や自動車重量税の還付が受けられる場合があります。自動車税は四月一日に自動車を所持していた人にかかるものなので、四月に廃車してしまうとそれ以降自動車を持っていなくても自動車税はかかってしまいます。そのため三月になると廃車手続き関係はこみあうことが多いです。ゴミ処理の問題は様々な点で深刻化してきているため、年々ゴミ処理に関する費用は高額になってきています。そのため、今後は廃車手続きに関する料金も値上がりする可能性があります。また、自動車税や自動車重量税の還付が受けられるという現状のシステムも、還付額や方法が変わる可能性もあるでしょう。料金によっては、廃車ではなく中古車として販売することも考慮にいれるとよいかもしれません。

複数の車

ハイオーナーの需要

日産・プレジデントは同社の最高級車として過去に生産されており、現在ではシーマにそのポジションを譲り、実質的にモデル廃止となりました。日産は技術と走りを追究し、過去に様々な人気車を輩出しており、プレジデントもその一台です。現在では中古市場でビンテージカーとしてファンの注目を集めています。

電卓と硬貨

旧車の人気

一般の中古車市場と異なる旧車市場は、既に生産が終了しているようなクラッシックカーで、希少価値を高く評価するオーナーに人気が高いです。日産ローレル(LAUREL)はすでに生産終了となりファンの間で幻の名車として高値で取引されています。